私大医学部・歯学部/灘中受験専門の学習塾『明倫館』 大阪府八尾市

全教科全科目指導。少人数制の指導と対話的講義による質の高い授業をモットーとし、全員合格を目指します。

page

HOMEお知らせ ≫ 【塾長 BLOG】『受験で最も重要な事』 ≫

【塾長 BLOG】『受験で最も重要な事』

人は初めての事は緊張して、気おくれしてしまいます。

 

気おくれをしてしまうと、本来の能力を発揮することができず、大事な場面で失敗をしてしまいます。

 

「どんな展開になるか分からない」「何が起きるか分からない」という不安が能力を発揮する妨げになってしまいます。

 

人は、知らない事や未経験の物事に対して恐怖心を抱いたり、不安になったりとマイナス思考になりやすいです。

 

恐怖心というのは基本的には「無知」から生じます。

 

つまり、受験では「先の展開」を知っておく必要があります。

 

恐怖心を抱いたまま、まともな受験勉強ができますか?

 

すぐ調子に乗ってしまったり、すぐ諦めてしまったり、その結果、感情の赴くままに無駄な時間を過ごしてしまう事になります。

 

受験勉強でイライラしてしまうというのは「恐怖心」を持っているからこそやってしまうんです。

 

このイライラするというのは「先の展開が分からない」という恐怖心が行動に表れたものです。

 

先の展開が予測できていれば、この様な事にはなりません。

 

受験の世界では「結果が出るまでの過程に感情は入れてはいけない」という私独自のルールがあります。

 

 

恐怖心を取り除くには、主に「先の展開を知る」「知識を付ける」「経験を増やす」この3点が挙げられると思います。

 

1番早く取り除けるのは「先の展開を知る」という事だと思います。

 

ホラー映画は音で脅かしてくるパターンってよくありますよね?

 

4回5回と同じホラー映画を見て、同じ所でびくっりする事って多いですか?

 

たまに何度見ても「同じ所でびっくりしてしまう」という方はいますが、1回目よりは絶対にびっくりしないと思います。

 

次に何が起こるか知っているので、心の準備ができるので多少は軽減されます。

 

受験でもこれと同じように、「次に何が起こるのか?」という事を知っておくと恐怖心は自然となくなります。

 

感情を入れない受験勉強をするには、受験終了までの客観的自己分析が絶対に必要なんです。

 

客観的自己分析というのは、見たことの無い映画の台本を知るたった1つの裏技のようなものです。

 

台本さえ知ってしまえば、怖いモノなんてありません。

 

ただ受験で少し大変なのは、いつも台本が3~4つ用意されているという事です。

 

この3~4つの台本を全て知る事で、台本①で来ると自分は「こう対策をする」、台本②で来ると自分は「こうする」というような準備ができるので、必ず客観的分析をして自分の受験終了までの全ての台本を見抜いておいて下さい。

 

これは受験で最も重要な事です。

2019年03月11日 13:25

明倫館

〒581-0003
大阪府八尾市本町1-1-11
羽多野ビル305
072-991-8389
[受付時間]
10:00~22:00
(月曜~日曜)
[定休日]
祝日(電話対応可)

サイドメニュー

モバイルサイト

明倫館スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら