私大医学部・歯学部/灘中受験専門の学習塾『明倫館』 大阪府八尾市

全教科全科目指導。少人数制の指導と対話的講義による質の高い授業をモットーとし、全員合格を目指します。

page

HOMEお知らせ ≫ 【塾長 BLOG】『受験は算数と同じ』 ≫

【塾長 BLOG】『受験は算数と同じ』

受験で合格するには、「誰と時間を共有するのか?」という事が大切です。

 

 

これは、「学び」という部分でのメンターの重要性と共に、メンターとして誰を選ぶかが最重要課題だという意味を含んでいます。

 

合格するというのは、手段選びより人選びなのです。

 

私はあまり塾などには行かなかったので、自分の思考を確立するまでに時間がかかりました。

 

今ここまで来て思う事は、その道のプロ・師匠を持った方が遥かに早かったと思います。

 

思考は移るので、「誰と時間を共有するのか」「誰に言われた通りに、素直に生きるのか」という部分がもの凄く大切です。

 

今は、数多くの受験生の方々とも出会う事ができて、その変化を実感することが多くあります。

 

それは、問題を解く為のテクニック以前に、「教わろう」という姿勢や思想から「合格する為の意識」の方が私には響いてきます。

 

もちろん、スキルやノウハウは大切です。

 

ですが、それを活かすも殺すも意識次第で、メンターの方は意識の変革を促しています。

 

意識の高さは「学び」の中身に直結しています。

 

意識が高ければ、内容は濃くなります。

 

授業でも、上の空で聞き流していると身に付きませんが、しっかりと気合いを入れて受けていたら身につくはずです。

 

私も今は学生ではありませんが、現在進行形の学びについては気合いが入っています。

 

何でも欲しいモノは身にしようと必死です。

 

「学び」の対象が何であるかは関係なく、意識が高ければ身に付きやすいです。

 

考えてみれば当たり前の事なんですが、当たり前の事を当たり前にできる人が少ないので、誰かに言われないとできないんです。

 

受験をするのに、勉強は当たり前に必要です。

 

知識があるだけでは勝てないのも受験です。

 

知識があるという事と、実践ができるという事は違います。

 

もし、私の指導方針・解法のテクニックを取得したのなら、それは教科書を買ったという事と同じです。

 

その教科書の内容を理解して、実践していけるようにならないといけません。

 

算数に近い事です。

 

方程式を覚えて、何度も練習問題を解いて、慣れで解いていけるようになります。

 

「1+1=」なんて考えなくても「2」と出てきますよね?

 

受験の問題も同じです。

 

この速度であらゆる問題ができるようになるまで、私のテクニックを使って下さい。

 

そうすれば、受験の問題も自然と解けるようになっていきます。


 
2019年03月14日 13:10

明倫館

〒581-0003
大阪府八尾市本町1-1-11
羽多野ビル305
072-991-8389
[受付時間]
10:00~22:00
(月曜~日曜)
[定休日]
祝日(電話対応可)

サイドメニュー

モバイルサイト

明倫館スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら