私大医学部・歯学部/灘中受験専門の学習塾『明倫館』 大阪府八尾市

全教科全科目指導。少人数制の指導と対話的講義による質の高い授業をモットーとし、全員合格を目指します。

page

HOMEお知らせ ≫ 【塾長 BLOG】『成功する人の定義』 ≫

【塾長 BLOG】『成功する人の定義』

自己定義について理解する上で、最も分かりやすく、最も明確にその効力を体現している人がいます。

 

それは、アメリカのメジャーリーグにおいて、投手と野手の二刀流で活躍するという、前代未聞の偉業を成し遂げている大谷翔平選手です。

 

大谷選手は、成功するために必要な考え方(深層思考法)を全て身に付けています。

 

そのうち有名なのは、「マンダラート」と呼ばれる目標設定シートです。

 

9マス×9マスのこのシートを使い、目標を具体的な行動に落とし込み、大谷選手は次々に夢を実現していきました。

 

ただ、ここで紹介したいのはマンダラートの使い方ではなく、自己定義です。

 

大谷選手は、人生のコントロール法を熟知し、実践しています。

 

普通に考えて、「投打二刀流の実現」「投打両方でMVP級の活躍」「メジャーリーガーを圧倒する実力」など通常の自己定義では到底達成することはできないです。

 

では、大谷選手はどのような自己定義を行っていたのでしょうか。

 

彼の自己定義は、「甲子園に出場する」でも「プロ野球選手になる」でも「メジャーリーグに行く」でもありませんでした。

 

なんと、大谷選手は少年の頃から、「世界最高のプレイヤーになる」と自己定義していたのです。

 

世界の中でも最高のプレイヤーという点が他の選手より突出しています。

 

大谷選手は、イチロー選手や松井秀喜選手などの言わばレジェンドたちを目指すのでは無く、それを超える自己定義をしていました。

 

そのような自己定義の差が、本当に突き抜けた存在を生み出すのです。

 

ちなみに大谷選手は、自己定義だけでなく、感情や意識のコントロールスキルもずば抜けて高いです。

 

大谷選手のインタビューを見ていると分かるように、活躍できなかった日にも悲壮感が全く無く、次に向けたポジティブな発言に終始しています。

 

自分の脳内にマイナスの感情を入れないよう、常にメンテナンスをしているように見えます。

 

いつも好印象を与えているのはそのためです。

 

こうした事例から、「自己定義がその人、その現実を作る」という事実を学べます。

 

どのような自己定義をするのかによって、人の人生は大きく変わります。

 

大谷選手を最高のサンプルとして、素晴らしい自己定義を確立してください。

 

自己定義に関するもう1つの事例があります。

 

プロ野球の北海道日本ハムファイターズの育成システムについてです。

 

日本ハムは、ドラフトにおいて球界の有望な若手を次々に獲得し、確率された独自の育成システムによって次々と球界のスターを輩出している球団です。

 

セ・パ両リーグを見渡しても、非常に育成に秀でた球団と言えるでしょう。

 

では、なぜ日本ハムは新人選手の育成に秀でているのでしょうか。

 

日本ハムが若手育成に成功している1つの大きな理由は、「段階的な自己定義づくり」のサポートが非常に上手であることです。

 

まずは「一軍選手」としての自己定義を作りやすくするため、早くから一軍選手としての「体験」をさせます。

 

次に「中心選手」として期待をかけることや「言葉」でのサポートによって自己定義のステージを上げます。

 

さらに選手に応じた起用やメディアへの発言も含めて「球界のスター選手」となるよう、チーム全体で支援します。

 

監督だけでなくチーム全体として考えや戦略が統一され浸透しているため、日本ハムは非常に秀逸な組織といえます。

 

反対に選手を潰す典型的な悪例は、選手に期待していること、実力を認めている素振りも見せず、ただただ選手に「二軍選手である自分」「一軍に行けない自分」と洗脳させてしまう指導法です。

 

そのようなコーチ・監督・球団では、選手は自己定義を保つことができないため成長がしづらく、若手が育ちません。

 

そして、これは子育てなどにも同じで、普遍的なことといえます。

 

周りや自分が自己定義を保つことのできる環境づくりをしましょう。

 

2019年10月22日 11:00

明倫館

〒581-0003
大阪府八尾市本町1-1-11
羽多野ビル305
072-991-8389
[受付時間]
10:00~22:00
(月曜~日曜)
[定休日]
祝日(電話対応可)

サイドメニュー

モバイルサイト

明倫館スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら