私大医学部・歯学部/灘中受験専門の学習塾『明倫館』 大阪府八尾市

全教科全科目指導。少人数制の指導と対話的講義による質の高い授業をモットーとし、全員合格を目指します。

page

HOMEお知らせ ≫ 【塾長 BLOG】『やる気は幻想』 ≫

【塾長 BLOG】『やる気は幻想』

人は、「結果」に合わせて、事実を「物語」にします。

 

多くの場合、「結果」が才能の有無の判断基準になります。

 

これはつまり、結果によって、過去の解釈もすべて変わってしまう、ということです。

 

面白いことに、「良い結果」が出ると、その人の過去にやっていたことが、”すべて”ポジティブな見方で捉えられるようになります。

 

ノーベル賞を受賞すると、必ずニュースになります。

 

そして例えば、受賞者の奥様にインタビューして、彼女にどういう夫なのか尋ねたり、受賞者の出身地へ行って、彼がどんな子どもだったのかを聞いて回ったりします。

 

「研究者としては一流かもしれないけど、家では何もしない人です」「あまり群れないタイプで、昔から一匹狼みたいな感じです」「何を言われても気にしない、”自分”を強く持っている人です」

 

という具合に、ノーベル賞を受賞するような人は、普段から普通とは違う、子どもの頃から思考も発想も他の人とは全然違っていた、というような内容のコメントが次々出てきます。

 

しかし、もし同じ人が、実は「罪を犯した人」だったらどうでしょうか。

 

「家のことは全て妻に任せっきりで、外へ出かけてばかりいた」「どのグループにも属さず、まったく協調性が無かった」「ルールは全然守らなかったし、人の話を全く聞かなかった」

 

ノーベル賞を獲った人と罪を犯した人、同じ性格の同じ過去を持った人だったとしても、結果次第でここまで見方が変わってしまいます。

 

”真逆の認知”をされてしまうのです。

 

このように人々は、「結果」から遡って「物語」を作ろうとします。

 

結果を見る→それまでの認知が変わる→新しい物語が出来上がる

 

この時のキーファクターとなるもの、大きなウェイトを占めているものが、まさに「才能」なのです。

 

先日の記事で説明したように、「才能がある」と言われている人たちは、”正しいやり方”を選んで努力を積み重ねています。

 

正しいやり方を選ぶには、その人に合った「動機付け」が必要です。

 

「動機付け」というのは、いわゆる「やる気」のことです。

 

「やる気がある」「やる気がない」という言い方をよくしますが、実は心理学的には「やる気」という言葉は使わず、「動機付け」という言葉を使います。

 

子どもを持つ親は「うちの子はやる気がないんです」と言い、会社の売上が悪ければ上司が「お前たちには、やる気がないのか」などと叱ります。

 

こういう時、「やる気は、良いもの」「やる気は、前向きなもの」「やる気は、持っていなくちゃダメなもの」というニュアンスが前提にあります。

 

このように、「やる気」という言葉は、基本的にはポジティブなものとして捉えられています。

 

なので「睡眠のやる気がある」とか「やる気に満ち溢れる休憩時間」といった使い方はしません。

 

しかし、眠い時は「寝たい」という強い動機付けがありますし、休みたい時は「休憩したい」という動機付けがあります。

 

宿題をしない時は、「勉強よりも、テレビを見たくて仕方ない」「勉強よりも、ゲームがしたくて仕方がない」という強烈な動機付けがされています。

 

眠い時も、宿題をしない時も、実は強い思いによって動いている状態なのです。

 

つまり、本来、仕事や勉強を意欲的に頑張っている時だけ動機付けがある、というわけではないということです。

 

人は、どんな時でも必ず動機付けによって動いています。

 

親はわが子に対して「やる気を持ってほしい」と言いますが、その子は「遊びたい」という強い動機付けがあって、「勉強したい」という動機付けがないだけです。

 

「動機」のない人なんて、1人もいません。

 

なので、”いかに動機付けするか”が大変重要になってきます。

 

親が子どもに対して願うやる気も、上司が部下に対して願うやる気も、やり方次第できちんと引き出せるはずです。


 
2019年11月05日 00:40

明倫館

〒581-0003
大阪府八尾市本町1-1-11
羽多野ビル305
072-991-8389
[受付時間]
10:00~22:00
(月曜~日曜)
[定休日]
祝日(電話対応可)

サイドメニュー

モバイルサイト

明倫館スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら