私大医学部・歯学部/灘中受験専門の学習塾『明倫館』 大阪府八尾市

全教科全科目指導。少人数制の指導と対話的講義による質の高い授業をモットーとし、全員合格を目指します。

page

HOMEお知らせ ≫ 【塾長 BLOG】『才能は自分次第』 ≫

【塾長 BLOG】『才能は自分次第』

みなさんは言い訳をしたことがありますか?

 

他人と比べて、何かと理由をつけて、「仕方ない」という言葉を使う言い訳です。

 

どんな人であっても、全部が全部うまくいって、成長し続けていく、ということはあり得ません。

 

どんなことにも、失敗はつきものです。

 

そんな時に、弱気になったり、反対に誰かを非難してしまったりすることがあると思います。

 

相手と比べて、自分には経験が無い、経験が無いからうまくできない、できないから自信も持てない、自信が無いから頑張れない、頑張れないから成果が出ない、結局経験が積めない・・・。

 

こうして延々と同じところをループします。

 

あの人は経験したことがあるから

 

あの子は頭がいいから

 

といった言い訳は、結局「でも自分はその人たちと違うので、できなくても仕方ない」という言い訳につながっていってしまいます。

 

自分が成長するための努力をしないことを、自己弁護しているにすぎないのです。

 

この思考癖があると、いつまで経っても自分の才能に気付けません。

 

「結果を出せば自信が持てる」というのは、ニワトリが先か卵が先か、という話と同じです。

 

そう考えてしまうから、自分の才能に気付けません。

 

他人から「お前は何をしてもダメだ」「できるわけがない」と言われてその通りだと思ったり、自分で「どうせできない」「無理に決まってる」と決めつけてしまうことは、自分の可能性を潰すことと同じです。

 

結果をまだ出していない、これから出すんだ、という時に信じないといけないのは自分です。

 

同時に、成果が出ない期間は必ずあり、その間は耐えなければならないことも考えておかなければいけません。

 

繰り返しますが、「(あの人には)才能がある」という言葉を言いたがる人に共通しているのは、「結果しか見ていない」ということです。

 

成功した人を見て「あの人は才能がある」なんてことは、誰にだって言えます。

 

これから結果を出す、これから成功する人に、才能があるかどうかを決めるのは、自分です。

 

2019年11月27日 14:26

明倫館

〒581-0003
大阪府八尾市本町1-1-11
羽多野ビル305
072-991-8389
[受付時間]
10:00~22:00
(月曜~日曜)
[定休日]
祝日(電話対応可)

サイドメニュー

モバイルサイト

明倫館スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら